1円ものがたり

最終更新: 10月9日

こんばんは。The Shinjoこと新庄です。


我が家の地域の小、中学校は、こんな時世なのに例年通りの夏休みが昨日から始まりました、、、。

また長期休暇になります。


なので次男は納品に同行。


ちょいとコンビニの駐車場を拝借。っていう訳にもいかないので、

同行の御礼も兼ねて、駄菓子でも買っておいで、と220円を渡しました。


次男はひとりでのおつかいが嬉しいお年頃の小2。

消費税もかかるから、とにかく足して200円超えないように足し算して買うんだよ、と、念には念を入れ送り出しました。


なかなか戻ってきません。


あ、戻ってきた!


ん?なんか恥ずかしげで得意げでニコニコしてるんだけど?


え?パンとのりたま⁉︎


手にはパンとのりたま持ってます。


パンはひと目で100円の商品だと分かるんですが、、、のりたま?のりたまっていくらなんだ⁉︎コンビニだよ⁉︎と小さく焦る私。


「ね、220円で買えたの?」


第一声がこれ。


「うん!221円だったんだけど、僕は220円しか持っていませんのでどうしよう、どうしよう、って考えてたら、

1円持ってなくてもいいよ、買えるよ。ってお店の人が言ってくれて買えたの!(ニコッ)」


買える訳ないでしょー!


急いで1円渡して、1円返しに再度おつかい。


私も外から頭下げ会釈。


はじめてのバイトくん、みたいな高校生くらいの男の子とベテランな感じの、もしかしたら店長さんかもしれない女性が対応くださってました。


きっとおふたりのどちらかがうちの次男が払えなかった1円を払ってくださるつもりだったんだと伺えます。


だってレシートにはしっかり221円の文字が刻まれてたので。















20回の閲覧

ちょっとだけ

BLOG

​ネットショップ

E-SHOP

取り扱い店舗

SHOP LIST

Copyright © 2020 the Shinjo All Rights Reserved.

工房所在地:東京都三鷹市大沢5-19-15 gfcfshinjo@gmail.com