泣き笑いの絶望感


こんばんは、The Shinjoこと新庄です。

今、NHKで野田市の少女死亡について、特集してます。

こんなこと書こうかどうしようか、本当に迷いながらも、書きます。

長男が小学1年生だったとき、私は、自ら児相に電話しました。

長男をたたく手が止まらなかったんです。

朝、目をさましてから、夜寝るまで、止まることなく叫び続けていた長男。

それが数ヶ月続いていました。

今思えば、声変わりもしてないし、体もまだ小さいですから、

今、叫ばれるよりも、いくらかはマシですが、

よくもまぁ、そんなに。よくまぁ、そんな体力があるもんだと。

叫び続ける息子に神経がすり減ってました。

そして、爆発。

やばい、たたく手がとまらないかも、、、。

そう思って、恥を忍んで、児相に電話しました。

児相:今、ご自身が、虐待を止めたいんですか?

私:はい、叩きたいわけではないんですが、悔しくて、悲してく。

児相:今、時間外なので、警察に電話してください。

私:え?

児相:ですから、虐待を止めたいんですよね?

私:警察に電話したら、どうなるんですか?

児相:警察がお宅にやってきて、あなたの虐待をやめさせます。

もうすでに、手はとまり、悲しみの矛先が、児相に社会に全てに向きました。

警察が、我が家に来てどうなる?下の1歳の子はどうなる?

あぁ、あほらし。

あぁ、あほらし。

泣き笑いの絶望感でした。


この写真は先日、息子が割ったガラス。

#児童相談所 #虐待 #自閉症 #重度知的障害

79回の閲覧

ちょっとだけ

BLOG

​ネットショップ

E-SHOP

取り扱い店舗

SHOP LIST

Copyright © 2020 the Shinjo All Rights Reserved.

工房所在地:東京都三鷹市大沢5-19-15 gfcfshinjo@gmail.com