ケーキといえば。


大変ご無沙汰してます、The Shinjoこと新庄です。

この5月、長男が12歳になりました。

こころは永遠の2歳、そして体は立派な162cm越えになりました。

一緒に歩く際は、恋人手繋ぎなので、最近よく2度見されます。。。

さてさて、

いくら元は素人とはいえ、ケーキを販売している身ですから、

お誕生日ケーキぐらい作ってみましょうかと、

適用にやりたがりの次男が加わり、お誕生日ケーキを作りました。

スポンジケーキはまずまずの仕上がり、デコレーションは6歳のやりたがり次男が適当に途中までやって、パパもやって、とりあえず仕上がり、ろうそくは、1本しかなかったので、12歳児に1本だけ(しかも数年前にもらって折れ曲がったもの)をさして、いざハッピーバスデイ♪

そして、ケーキ入刀!

お皿に取り分けて〜、さあ、召し上がれ!

と、ところが、、、、、、

次男。

「ぼくいらない。」

と、全く口をつけず。

ま、いいですよ、長男のバースデイケーキですからと、その長男は、ご飯より先にペロリ!

よし!作った甲斐あり!


と、次の日のあさ。

まだ半分残っているバースデイケーキを食卓に出したら、

次男。「ぼくいらない。」

長男。「ケーキたべる!ケーキたべる!ケーキたべる!」と軽いパニック。

待てない長男に慌ててケーキを差し出したら、

なぜかもっとパニック風。

なんと、長男、私が差し出したバースデイケーキを払いのけ、

昨日焼いた米ぬかケーキの端っこばかりをまとめて無雑作に入れたナイロンの袋をカウンターから持ち上げ、

「ケーキたべる!」

と、ひとこと。

ナイロン袋の口を開け、そこから米ぬかケーキを「ケーキ、ケーキ」といって美味しそうに食べる長男でした。

。。。。。。

息子2人を学校に出した後、半分残っているバースデイケーキをパパと私とで食べることに。

ケーキといえば、生クリームにいちご!が嬉しいパパは、大いに残っているバースデイケーキが嬉しいご様子。

「そんなにまずかった?」

とぼそりと私がきくと、

「フツーにうまいけど。」

もはや、フツーが分からない、複雑な朝でした。

#手料理 #米ぬかケーキ #重度知的障害 #自閉症

24回の閲覧

ちょっとだけ

BLOG

​ネットショップ

E-SHOP

取り扱い店舗

SHOP LIST

Copyright © 2020 the Shinjo All Rights Reserved.

工房所在地:東京都三鷹市大沢5-19-15 gfcfshinjo@gmail.com